前へ
次へ

女性に多い腰痛の原因、その内容とは

潜在的に言えば、女性は男性よりも腰痛になりやすい体質を持ち合わせています。女性の体は、妊娠する働きもあり、脂肪などのエネルギーを蓄える傾向も高くあります。それにも関わらず、男性よりも体を支える筋肉の力が弱く、腰に負担がかかってしまいやすくあるのです。妊娠する女性の体は、胎児のために体が柔らかかくなければなりません。骨格も、男性より柔らかく、ずれやすい体質でもあるのです。そのため、子供の出産後に、骨盤がずれていた状況も現れやすく、腰痛になる女性が割と多くいます。男性と比べれば、筋肉の量も少なく、代謝活動が弱いため冷え性の女性も多くいるでしょう。冷え性は、血流の流れを悪くしやすく、これが原因で腰痛になってしまう場合もあります。特に、立ち続けている仕事に就いている女性は要注意であり、腰痛を感じれば、直ぐに整形外科などに訪れるのも大切です。骨盤のズレは、内臓に負担を与え、様々な臓器に悪影響を与えかねません。腰の痛みと腹痛などが現れたならば、危険な状態との認識も大切です。

Page Top