前へ
次へ

骨盤の歪みがもたらす腰痛

腰痛になってしまう原因として骨盤の歪みがよく知られています。女性の場合に多いのが特徴で、出産のときに骨盤が傾くようにして歪んでしまうことは珍しくありません。骨盤は腰のところにあって足を動かすときに影響を及ぼす部分です。傾いて低くなっている側の方が高くなっている側に比べて、まるで足が長いかのようになってしまうのは想像できるでしょう。すると歩いているときに片方の足に大きな負担がかかるようになり、その影響が腰にまで伝わってきます。これが腰痛をもたらす発端になるのです。さらに、骨盤の歪みの影響で全身の骨格が歪んでいってしまうこともあります。全体的なバランスが崩れると上半身を支えている腰には大きな負担がかかってしまいます。当初はそれほど痛くなかったけれどだんだんと痛みが増してきたというときには全身の骨格に問題が生じてきている可能性があるのです。整体に通うなどして対策を取って改善を目指すようにしましょう。

Page Top