前へ
次へ

腰痛にはいろいろとパターンがあります

腰痛といってもどうして腰痛が起きるのかというと長時間同じ姿勢であるから、ということが多いです。ずっと同じ姿勢でいるということになりますと腰に大きな負担をかけ続けることになります。つまりは、腰回りの筋肉が硬くなって緊張してきてしまうということがあります。それによって、血管を圧迫してしまい、血流が滞ることになります。ですから、そういう時には運動不足を解消するような形でストレッチをするとか暖かい格好をするとかとにかく血流を良くするようなことをするというのが重要です。ストレスなども結構悪くする要因になったりしてそれから腰痛を引き起こすということもありますので、これは注意しておきましょう。腰が痛いからといって動かさないというのはよくないことになることが多いです。ですから、基本的には腰回りの筋肉をほぐすようにするということがとても大事なことになりますから、そこを意識し改善していくようにしたほうかよいといえるでしょう。

Page Top