前へ
次へ

腰痛の再発を防ぐには

腰痛の原因ともなる椎間板ヘルニアが起こす症状は、最悪の場合全く動くことが出来ないほどの痛みを感じることもあります。大きな痛みは一過性と言うことが多く、一般的には軽い痛みの連続とか腰や下半身にシビレを感じることが多くなります。また中には排尿や排便障害を起こすことにもなりかねませんので、注意が必要です。同じ腰痛にはぎっくり腰が考えられますが、この場合では数日間で治ることが多く、軽い症状では数時間で痛みがなくなる人も出て来ます。これと違い椎間板ヘルニアにかかると痛みが長く続くようになります。特に一週間以上も腰の痛みやしびれが収まらない時には、病院での診察を受けるべきです。原因を突き止める必要があり、適正に対処することがベストの方法となるからです。椎間板ヘルニアの痛みがなくなったからと言って、椎間板ヘルニアが完治した訳ではありません。そんな痛みを再発させないためには、良い姿勢を保つ工夫と運動習慣を身につけることが良い方法になります。

Page Top