前へ
次へ

腰痛は、ほっとくと更に悪化、その理由は

腰痛は、常に痛みが生じるのではなく、痛みが現れる場合もあれば痛みが治まる場合もあります。そのため、そのまま耐えれば問題がないと思われていれば、後悔する様な症状を引き起こしてしまいかねません。腰痛の原因は、一概には言い切れませんが、共通して言えるのは力の負担が無理にかかっている状態が挙げられます。体は、負担のある環境に置かれていると錯覚起こし、ストレス反応を引き起こしてしまう場合もあるでしょう。ストレスに対応するために、血管に圧力をかけて、血流の流れを良くしようと試みます。ただし、状況が変わらなければ、更らに高い圧力を血管に働きかける反応を引き起こすのです。その結果、逆に血流の流れが悪くなり、これが様々な病気の原因になりかねません。腰痛は、早めの治療を行うのが望ましく、そのままの状態にしておけば後悔してしまうでしょう。筋肉の衰えは、体を支えるために、衰えた筋肉に集中して力が負担として働きます。一時的な対応として、マッサージを行ったり体を動かしたりなどの心構えも大切です。

Page Top